とある吹奏楽部男子はギターが好き。

「とある吹奏楽男子」と申します。ツイッターの延長線のような感じで記事を書いてます^_^

最近思い始めてるんだけど…

こんにちは。

僕の高校は、進学、就職のふた通りで、就職が多い。そんな僕も今のところ就職希望で進路を考えている。

二年生になると、進路を本気で考えなければいけない。ということで、よく集会が開かれるのだが、そこで、身だしなみを整えろというお話を頂いた。

この先、企業の方達が学校にやってきて学校の雰囲気を見たり、求人関係のお話を先生とされるそうだ。
そのとき企業の方達が生徒と会ったりすれ違ったりするときに、『挨拶をする』とか『服装をしっかり着こなしている』とかを観察してるらしい。

そこで言われてから考え始めたんだけどさ。

学校、いじめを間接的に助長してる説。

この世には細かく分けられる小さな社会がある。
地球という社会。アジアという社会。日本という社会。関東地方という社会。県という社会。職場や学校や家という社会。学校の生徒同士のグループという社会。

社会の中でルールという名の実態のない暗黙の了解から外れると、冷たい目を向けられる。

法律なんてのは人間が勝手に作ったただの掟で、書物に記されてはいるものの、実態はない。目には見えない。動物が人を殺したり、危害を加えるのは彼らに法律がないからだ。人間にしか効力のない小さなルールだが、それに我々人間は怯えて生活する。それから外れると法律違反で罰せられて自由を奪われるからだ。

学校という小さな社会にだって法律はある。
先生には敬語を使え。学校の物を壊すな。などで、小さな社会の中で生まれた小さな法律だ。
これから外れると、指導されたり、退学なんてこともある。

そして学校の生徒の中にも法律は存在する。
その法律から外れると虐められるのは皆さんの方がご存知だろう。

顔キモい。口臭い。汚い。うざい。ぶりっ子。自撮り魔。私服キモい。ズボン上げすぎ。など。

生徒たちが勝手に作ったくだらんルールで苦労する人間がたくさんいるし、虐められたくないからみんなこんなカスみたいな法律を守ろうとする。

その結果生まれたのが服装違反。

虐められたくないから服装違反。
もちろんそれがかっこいいと思ってやってるバカもいる。けど無意識のうちにそんな感情があるはずだ。

でも学校はそれを抑えようとする。そりゃもちろん、根元から雑菌を拭けば服装違反なんかなくなるけど、そんなの無理だ。馬鹿はなにも覚えやしない。言っても言っても覚えないから、生徒指導なんかほんとは意味なんてない。けどやるんだ。

まあ、何が言いたいのかというと、うちの学校はカスみたいなのがたくさんいるってことですよ。ほんとにくだらん。何もかっこよくないし、厨二病