とある吹奏楽部男子はギターが好き。

こんにちは。とある吹奏楽男子と申します。バンドもやってます。まあツイッターの延長線みたいな感じでやろうと思ってます。

文化祭でバンドをやることになりました。

こんにちは。最近の部活は野球部なんかのために野球応援をしなくちゃならなくて、とても面倒だ。だが今日話したいのはそんなことではない。

今回私、文化祭でライブするために、バンドでドラムをやることになりました。

ザ・高校時代の思い出。ザ・青春。

現在僕はもうすでに一つメタルやオルタナティブのバンドにドラムで参加していて、このバンドではオリジナルを作ったり、メタルアレンジを加えた楽曲を製作している。

しかし今回の文化祭のバンドは僕にとって完全にお遊びだ。ジャンルもポップばっかでSuperflyとかSHISHAMOとかSCANDALとかのカバーばっかだ。どう考えても明らかに方向性が違う。

ではバンド結成の経緯をお話ししよう。

とあるところに、文化祭でバンドをやりたかったA君がいました。二年生になってひと段落ついたし、去年できなかった文化祭でのライブを行おうと考えました。
A君はボーカルB子を誘いました。ちなみにB子は、学校で音楽を専攻しています。続いてB子はA君と共通の友達のC子を誘いました。C子についてはこれまでバンドを組んだことも、ましてやなにか楽器をやったこともない全くの素人でしたが、本人がバンドをやってみたいということで誘いました。Aはギター。B子はギターボーカル。C子はドラム。あかん…ベースがおらへんやんけ…。(B子がベースボーカルになればいい話な気もするが。)Aは思いました。本当はAは、去年の文化祭でもライブをやりくて、ドラムは友達がやっていたのでよかったのですが、ベースが見つからず、バンドを断念。来年に持ち越しとなった経験があります。しかしこのバンドのドラマー、ドラマーのくせにギターも弾きやがるのです。ギターが弾けるということは、ベースが弾ける可能性は非常に高い。ということで、そのドラマーを誘ってみると、少し渋い顔をしながらもベースでバンドに参加しました。これでバンドが完成。しかしやはりドラムが初心者のため、練習が思うように進まない…と言うことでドラムとベースの野郎を交換。現在に至る。



このプロセスの中で、ギター弾くドラマーでてきましたよね。 それ俺です。

いやー困りましたよ。まさかバンドの誘いが来たと思ったらベースなんですもん。

このバンドで初めてのスタジオ練習に行ったとき。
まあ、俺とA以外の2人はバンド初心者だから演奏は言うまでも無いよね…(笑)
ギターボーカルのB子は歌上手いけどギターのチューニング狂ってるの全く気付いてないしドラムのC子は初心者だから何すればいいのかわからなくてベースの俺がドラムを教える始末…。

それからつい最近、2回目のスタジオ。
僕が一番集まるのが遅くて、僕がいないその間にちょっと話し合ったらしく、どうやらドラムとベースを入れ替えることになったらしい。
C子に教えるためにドラムを全部覚えてきたので、その日の練習はだいぶ円滑に動いた。

まあ、当然だよね…(笑)
自分で言うのもなんだけど、君たちとんでもない宝の持ち腐れだからね。そもそもドラムやってるやつなんか高校に数人しかいない貴重なポジションなんだから。

サッカーの試合やるときに1人メンバー足りないからその辺にいたサッカーやりたいって言ってる一般人にチームに入ってもらって、すぐそこにいたサッカー選手に審判やらせるようなもんだよ。筋が通ってない。どう見ても正しい考え方じゃない。

で、やっと目が覚めてサッカー選手にサッカーやらせてる状態。
サッカー選手がサッカーするってこれすごい普通のこと言ってるけど実際に今まで本当に起きてたことだからね。いやぁ、知らないって怖い。

と言うことで、文化祭頑張ります。