読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある吹奏楽部男子はギターが好き。

こんにちは。吹奏楽部男子やりながらバンドもやってます。まあツイッターの延長線みたいな感じでやろうと思ってます。

失ってはいけないものは失って初めてわかる。

こんにちは。吹奏楽男子です。

僕のツイッター(殆ど過激な愚痴しか言ってない)アカウントがある。あ、フォロー是非よろしくお願いします。

とある吹奏楽男子はギターが好き。 (@blassbandman) | Twitter

ツイッターではこんな過激で意味不明な発言をしております。









さて、露骨にうざめな広告しといたとこで、本題は…この写真を見て欲しい。

これは僕のツイッターアカウントに固定されたツイートだ。ん??







『僕の体験したこと(主に部活関係)』!?



あれ、こんなこと言ったんだ…俺…。

どれどれ…




テメェ部活関係のこと1つだけしか書いてねえじゃねえか!

これですよ。有言実行の有の字もねぇよ。政治家もビックリだぞ。

てことで本題に移ろう。

最近風邪をひいてしまって、数日間部活を休んだ。まあ不本意ではあるものの風邪が治っても数日間ゆっくりした。

どうやら俺がいない間合奏をしてたらしくて、ラインの部活のグループに全体で合わせた動画がいくつか送られて来た。

まあ第三者からしたらツッコミどころ満載の演奏だったが、その中に、僕がドラムを担当していて、僕なしで演奏している様子があった。
ドラムがいないからテンポキープが難しくて、誰かがメトロノームを聴きながらスティックを叩いてテンポを叩いていた。

その曲を聴いてると、まあ一体感がない。特にチューバ。お前ら素人か。そもそもリズムの中にいないんですけど。

まあ、指揮者かドラムとかがいないとこうなるよね。

そして数時間後仲のいい部活のやつからラインが。

「大丈夫?部活はドラムがいないから合わせるのにとても手こずってます。」

らしい。まあ、特にほかの世間話もなく単刀直入に言って来たので、これは相当手こずったらしい。

とはいえこの優越感。必要とされる中あえてそれを拒む僕のS精神。いやSとかじゃなくてただの嫌なやつ精神。

でもいいんです。誰しも人には必要とされたい時期がある。幸いこちらには風邪という武器がある。まだもう少し休めるから、待ってろお前ら。

うちの部活で貴重なドラムしっかり叩ける奴の存在を軽んじ、あって当たり前なものと思う奴らには、この俺の今の優越感が解るまい。


曲が始まる前にテンポ探してあのカチカチやってくれるのは誰か。ドラム様がやってくれるからだ。

貴様らが全体で音合わせしたいと思ったらメトロノーム叩いてくれるのは誰か。パーカッションだ。

部活も終わり、部室を後にしたがその後部室の電気を消し、鍵を閉めてくれるのは誰だ。その日の当番だ。

家に帰ってるときお前が歩くよりも効率的に移動できる方法はなんだ。チャリとか電車とかだ。

家に着き、ふと貴様らがトイレしたいと思ったとき、用を足すという行為を満たしてくれているのは誰か。トイレだ。

朝日も照り、鳥がチュンチュン鳴く中、お母さんに起きろと布団をめくられ、寒い思いをする。そこで初めて布団という存在の大きさと、布団の存在を軽んじていた自らを知らされる。あったかい思いをさせてくれたのは誰か。布団だ。そしてその布団を買ってくれたのは誰か。お母様だ。そしてその買うための金を作ったのは誰か。お父様だ。

さあ、君たちも一緒に、今からお母様とお父様に日頃の感謝を伝えよう。

「お父様、お母様、暖かい布団を用意してくださり、いいトイレを買ってくださり、誠にありがとうございます。」

さぁ、ご両親にも感謝を伝えたことだし、気分もいいので本日はこれで終了だ。



















って違うよ?話変わってるから。

まあ僕が言いたいのはだな、吹奏楽部の君たちも打楽器を大切にしよう。合奏の時いろんな意味で一番頑張ってるのは打楽器だから。ね。ということだ。

では。