とある吹奏楽部男子はギターが好き。

こんにちは。とある吹奏楽男子と申します。バンドもやってます。まあツイッターの延長線みたいな感じでやろうと思ってます。

高校生が伝授する、高校に入ったらやるべき3つのこと。

こんにちは、試験を終えて今年から高校生の諸君。僕は去年高校に入学した、君たちの一個上だ。

今回は、入学したあとの僕の経験や失敗に基づき、高校になったらまずやるべきことを3つお教えしたいと思う。心して聞いてほしい。

1 まず友達を作る。

これは本当に何よりも大事だと思う。僕の場合は、これに失敗して、今でも自分のクラスで弁当が食べれなくなってしまっている。
友達なんか自然にできると思っていたら、みるみるうちにクラスの奴らが他の奴と仲良くなり、いつの間にか自分は1人になってしまった。

まぁ別に嫌われたりいじめられたりしてるわけではない。ただ、今更一緒に飯食おうだなんて言いづらい。

中学の頃は給食だったからぼっち飯とかないけど、自分は初めてぼっち飯の辛さを知った。
いまは他のクラスに友達がいるから、わざわざ他のクラスまで行って弁当を食べに行くのだが、例えばそのクラスが調理実習になるとかになると、1人で弁当を食うハメになる。

だからこれはまず一番最初にしておいた方が良い。マジで。友達いないと本気で困るぞ。先生がホームルームの時誰か1人ペアを作ってなんかしようとか言った時マジで困るからね。

さて、友達を作るおススメの方法だが、男子の場合はモンストとか、パズドラとか、携帯のゲームをやっている奴は強い。その話題で初対面の奴と話が弾んで、そこから親友になったりする。

女子の場合は、歌手だ。三代目(これはほとんどの女子が好き)とか、AAAとかワンダイレクションとかジャスティンとか。こういうのを聞いてる奴が割と多くて、ある程度好きな歌手が固定されている。音楽とか歌手の好みで友達を作ると一番手っ取り早くこの問題を解消できる。
もしそういうのが好きじゃなくて、あまり聞かないとかいうなら、それでいい。女子は、一部の人がぼっちの人に声をかける。これは高確率でだ。
「あの子1人でかわいそう。ここはうちのグループに入れてやるか。」
みたいな仕切りたガールがクラスに1人はいる。ただ、これはぼっちの人間があまりにも雰囲気が怖いとか、話しかけづらいとかでない場合に限る。
むしろ上で紹介した音楽の好みとかで友達作るのなんていらないかもしれない。

それに、男の場合はこれはない。
だから男の方が案外苦労する。

あ、あと、男子の諸君は女の子とは広く仲良くしといた方がいい。後で好きな子ができても、仲良くないと話しかけづらい。色んな女の子と仲良くしとけば、話しかけれるし、他の人も応援してくれる。


2 間食を用意する。

女子でも男子でもそうだと思うが、授業中にお腹が空いて、お腹が鳴ったりしたことはあるだろうか。おそらく多くの人がこの問題に共感してくれるはずだ。

授業中にお腹なると、隣のやつとかが
「あ、今こいつお腹空いてんな。なんか恥ずかしそうでかわいそうだな。(汗)」
みたいな微妙な雰囲気になってすごくその場に居づらくなる。

それが中学の場合は、お菓子とか持ち込むと怒られるので、もう本当にどうしようもないのだが、受験生の諸君はもう中学も終わることだし、あと少しの辛抱だ。

さて、高校の場合は、お菓子持ち込みOKがほとんどだと思う。そこで、僕がお勧めするのは、カロリーメイト。あれはマジで良い。高校側が気を遣って、校内の自動販売機でカロリーメイトを販売しているくらいの代物だ。

だがしかし、よく考えてみよう。

全国的な高校の平均出席日数が177日と言われている。対するカロリーメイトの価格は、約200円。
200×177=35,400円。












35,400円⁉︎

ふざけんな!一年でそんなに金使えるか!もっと他のことに使うわボケ!
お前あれだぞ?一年で35,400円って、一年で毎日学校ある日にカロリーメイト一箱食えるぞ⁉︎

とまあ、こんな感じでかなり値段が高い。こんなの高校生が出せるわけない。一ヶ月で考えたとしても、

一ヶ月4週間として
(5×4)×200(1週間の出席日数は5日×4回それがある×200円)で計算すると、4,000円。
高校生が一ヶ月のお小遣いでもらう平均金額は3,000〜5,000円。3,000円の人は足りないし、4,000円はお小遣いを全てそれに費やし、5,000円の人は一ヶ月実質お小遣い千円。

いかんよ。マジで。

さてとそこで僕がお勧めするのは、

「お母さん。」

お母さんに、いっつもお腹すくから、弁当とは別でおにぎりを作ってほしいと言ってみよう。多分作ってくれる。なぜなら母ちゃんも高校時代のお腹を空かせた日々を経験しているかもしれないからだ。
その話を聞いた母はその後毎日おにぎりを作ってくれることだろう。これならお小遣いはかからないし、あとは学校で食えば良い。
実際に僕の母は毎日おにぎりを作ってくれている。マジ感謝。

だが

「親に恥ずかしくて言えない!」とか、「母ちゃん忘れっぽいからたまにおにぎりなさそう!」って奴。
安心してほしい。大丈夫。近くにイオン系列のお店はあるだろうか。そこでかなり安くカロリーメイトが売っている。いや、正確にはカロリーメイトではないのだが、カロリーメイトもどきだ。

これだ。

カロリーはカロリーメイトと大差なく、カロリーメイトの代わりとして十分な力がある。
そして価格。
1つの箱に4ブロック入っているカロリーメイトの場合200円ぐらいのものが、これの場合一箱97円。
凄くね?これ税込だよ?100円でお釣りが来るレベルだよ?

これで計算すると、
177×97=17,169円。一年で毎日これを買うとしたら17,169円になる。
しかもよく考えると、1日に一箱、つまり4ブロックなんか食べる必要はない。2ブロックで十分だ。つまり価格はこの半分の約8,600円。

素晴らしい。一日2ブロックとした時のカロリーメイトとの差額実に約9,100円。

おいお前ら!今すぐお店行って買ってこい!

もしイオン系列のお店がなかったら、コンビニでカロリーメイトを買っておいて、いざという時に備えるしかない。おそらく多くの高校にある自動販売機で買えるので、準備しておくといい。

3 部活はしっかり選べ

これはもう言わなくてもわかるかもしれないが、部活はとても良いものだ。

僕が中学の頃は、幽霊部員だったので、部活も何もしてなかったのだが、高校になって初めて部活っていいなと思えた。

なんかこう…青春も何もないんだけどさ…。ザ・高校生を謳歌している気がする。特に吹奏楽部なんかはね。ウチの学校なんかバスケ部とかは男女別でやってるし、美術部なんかは女だけだ。だから尚更吹部だけやれ青春だとか言われる。

あと、部活は意外に進路にも繋がったりするらしい。就職する際なんかも、「吹奏楽部は他の人と音を合わせたりしているから、きっと周りとの団結力が強い子なのではないか」と思われたりすることがあるそうだ。

とにかく、部活はいいものだ。茶道部とかそういうあんま活動しないやつじゃなくてもっとしっかりしたのを選ぶと、それだけ将来に繋がるし、精神も強くなれると思う。

さて、部活を選ぶ際のポイントだが、興味本位で決めるという手もある。あまりオススメはしないが。僕の場合、中学からドラムをやっていたので、部活でもドラムが叩ければいいなと思って吹部に入った。

たまたま入った部活の先輩達がいい人で、後輩にも優しかっただけで、野球部とかバスケ部とかみたいに、見栄をはって自分を棚に上げ、後輩の方が自分よりも劣っているとか考える人もたくさんいる。まぁ、これに関しては運かも知れない。


いかがだっただろうか。
とにかく、これらのことを意識していただければ、多少なりともとも高校生活は華やかになるはずだ。健闘を祈る。