とある吹奏楽部男子はギターが好き。

「とある吹奏楽男子」と申します。ツイッターの延長線のような感じで記事を書いてます^_^

近況報告2

どうも。最近Sと話さなすぎるので、さすがにこれはいかんと思い、向こうはどう思ってるのかとか気になってちょっとSの友達に相談してみました。

そのSの友達ってのはもう俺がSが好きなのも知ってるし、今の説明すると長くなる状況ってのもある程度わかってる人で。だから気兼ねなくそういう相談ができるんですけども「なんか。Sと話さなすぎて。向こうはなんか言ってた?」って聞いてみたら、いろいろわかったことがあったんです。

話を聞くに、どうやらSは僕のことを好きでいてくれていて、付き合いたいとも思ってるし、もっと話したいとも思ってるそうです。

これは素直に嬉しい。もう、だってこれって相思相愛ってことじゃないですか。好きな人に好きになってもらってるなんて、これほど嬉しいことがありますか。
それから、もっと俺と話したいとも言ってくれてたらしい。もう。大好き。

ただ、俺の反応がちょっと向こうにとって冷たいというかね。話しかけてこないしラインの回数も少ないし会話が続かなかったりするから、Sは本当に僕が自分のこと好きなのかなとか、もしかしたら自分のことが嫌いなんじゃないかって思ってしまってるらしい。

まぁ、僕の目的はこれらを明らかにしたかったってのもあるんですけど、多分俺がこの友達に相談したってこと、その友達もSに言うでしょうからね。「このまえ(僕)がこんな相談して来てさぁ〜」みたいな。だから、とりあえずその人には「決して嫌いじゃないし、僕ももっと話したい」とも言っといたから、それをうまく伝えてくれれば嫌われてるとか誤解は解けるんじゃないかと思います。

どうなるんでしょう。楽しみですね。

近況報告。

どうも。たぶんこの近況報告シリーズ。どんどん増えてくと思う。誰にも言わない分こうういったとこで話さないと気が済まないんです。

最近はテストが近くて部活がないんですけど、この前学校が終わっていざ帰ろうってなった時にSからラインがきました。(まあ直接話しにこいよって感じですけどねw)

「ねねー!こんど遊びに行かないですか?無理やったらいいけど…。」







無理。嬉しすぎて無理。

どこに行くの?って聞いてみたら、どうやら行きたいところがあるそうで。イルミネーションを見に行きたいんですって。

イルミネーションって!あれやん!カップルとかよく行くとこやん!まだ距離とかそんな近くないけど思い切って手とか繋いだりして歩き回るやつやん!結構ロマンチストなんか自分!

どうやらSが友達にイルミネーションに行きたいって言ったら、そいつに

「じゃあ(俺)も誘ってみたら?」

って言われて、前から一緒に出かけたかったから誘ったらしい。

嬉しいかよw
そのうちデートとかするのかなぁとか思ってたけど、まさかこの子こんなに積極的だったとは。

なんか、溜まってたんですかね。欲望みたいなのが。
Sも可愛い女の子ですからね。彼氏欲しいしデートしたいし男の子と一緒にイルミネーションの一つや二つ見に行きたいでしょうよ。それも自分のことを好きになってくれる男の子とだったらもっと嬉しんじゃないですか?俺だったらそうですもん。

と言うことで、こんど一緒にデートに行って来ます。マジですよ。イルミネーション見に行った時なんかぎこちない付き合いたてのカップルみたいな男女がいたら我々の可能性がありますからね。お気をつけください。





あ、あと、

「結局おれはあなたをなんと呼べばいいんだ?」

って聞いたら、

「んー。〇〇?」(呼び捨て)

って。どうやら呼び捨てがいいらしいです。
なので呼び捨てで呼んでますよ。まだ付き合ってもなんでもないのに。


ということで、以上。近況報告でした。

やっぱな。

こんばんは。今日もやはりSとも話さず1日が終わりそうだ。

廊下ではすれ違ったものの、何もない。僕が他事で疲れていたのもあるせいか目も合わせられなかったし会話なんかなかった。

というか、それよりも野球部ににリスカの痕を見られたかもしれない。どうしようあいつ痕あるぞみたいな感じで話広まったら。怖がられるよなまじで。

Sとの今

なんか、この前の記事の名前もこんな感じじゃなかった?まあいい。現在ちょっとキツイです。

キツイってのは、別れそうとかそういうのでは全くなくて、俺が勝手にキツイだけ笑


何がキツイかって、話せないんです。Sと。


まず、学校ではもう緊張しちゃって二人きりで話せない。そこに友達が加わって3人になっても安心しちゃって素になって結局俺が結構黙り込む。廊下で会うとめっちゃドキドキする。

他のカップルは手とか振ったりちょっと話したりなんらかのコミュニケーションをとるけど、そんなのない。てかあれきりSがほとんど廊下を利用しなくなったっぽい。多分俺を意識してるんだろう…笑

めっきりラインすることも減ってしまった。こうなる前までは毎日なんらかの内容でラインしてたのに、今はラインといったら風邪引いたから大丈夫?とか、それこそクッキー食べる?とか笑

そんなの自分からラインすればいいのにと思うかもしれないが、「現実では話せないくせにラインとかになると饒舌になる人」というのは僕の最も苦手な人のタイプなので、そんなのになりたくないという変なこだわりがあるのだ。

で、最近もう良い事無くて。ラインもできねぇしテスト期間で部活ねぇし。今度受ける検定受からなさそうだし。いろいろ憂鬱が溜まってきてラインのプロフィールに「心折れるよ助けて😭」って書いて寝ました。

翌日Sのラインのひとこと見たら、

もーーーーーーーーーー好きです。今すぐ伝えたい。会って伝えたい。電話でもいい。なんでも良いから話したい。すごく話したい。たわいもない話をして笑いたい。

そしてついさっきの更新。

もーーーーーーーー大好きです!
なりたいって!嬉しい!

でも話せないんです。

これが最近の悩みです。

気まずい…。

どうも。今回もこちらの記事を読んである前提で話が進むので、どうぞ。
好きな子との現在。 - とある吹奏楽部男子はギターが好き。

はあ。あれから気まずいんですよ。Sと。

なんか、好きっていうのも伝えたし、付き合って欲しいってのも伝えたし。問題はその後ですよ。まあ気まずい。

まあ、今はいろいろあって付き合えないんですけど、これってお互い気持ちを伝えあったから実質付き合ってるようなもんじゃないですか。

もう、部活とかで会うと話せないんすよ。電話でしっかり話したんだよ?好きだとか思いっきりそういう話してたんだよこの前までは。でも学校で会うと本当に話せないっていうか、ドキドキしてしまう…笑。

で、向こうもそれは同じだと思うんです。

こうなる前まではほぼ毎日ラインとかしてたんですけど、最近はもう回数もグンと減って。お互い気まずいから、もう自発的にラインできなくなってるんですよ。

あとこの前ね、ラインのプロフィールのとこに、

「心臓口から出しましょう」

って書いてあって。なんのことだろうなぁと思ってたんですよ。で、その日の部活もSと話すことなく帰ってっちゃったんですわ。Sが。
で家帰ってSのプロフィールが変更されてたから見てみたんです。そしたら、

「無理でした😰」

って書いてあって。なんだろうなぁ。と思ってたら、ちょうどラインが来て。

「ねね!クッキー作ったんだけど、好き?食べる?」

ってきたんです。多分心臓口から出すってのは、心臓が口から出るほどドキドキするけど、頑張って俺に話しかけようってことで、無理でしたってのは、結局緊張してしまって話しかけられなかったと。で、心臓口から出るくらい緊張する話の内容というのが、このクッキー食べる?ってことだったんじゃないかな。と。


※当時の俺のツイート。

もう!かわいいかよ!
心臓口から出るくらい緊張する内容がクッキーとか!笑笑

んー。俺も、もう少し近くに寄らないといけないかなぁ。なんだか、先輩とか後輩とかと一緒にいるから、向こうとしては話しかけづらいのかもしれない。

好きな子との現在。

今日は前回の記事でも書いた、私の好きな子、「S」とのその後の進展をお話ししようと思います。

(前回の記事)
決めた…俺告るよ…。 - とある吹奏楽部男子はギターが好き。

さて、単刀直入に結論から申しますと、「ほぼ付き合っているも同然」と言ったとろですかね。

なぜ、「付き合っている」ではなく、「同然」なのか、理由をお話ししますか。

まず、そもそも私がいかにしてSとの距離を近づけたかをお話ししましょう。

先週は高校の文化祭があったんです。実はその時ギターを弾いている友達に、文化祭でライブをするためにバンドに誘われて、文化祭でライブをしていました。ライブは成功を収めることができたので、文化祭初日の放課後はバンドの今後を相談したついでに恩返しにと思い、ギターの子のクラスの展示発表を手伝いに行きました。
(そのクラスの展示発表は、準備が間に合わず、文化祭当日も営業せず準備を行なっているような状態でしたので、たまらず。)

このギターの子とSが一緒のクラスで、その日、学校から帰って家で楽器の練習をしていると、なんと、Sからラインの追加が来ました。
あの時の私は今までにない表情でも浮かべていたでしょう笑

一年生の頃からずっとずっと好きだったSから、何度追加しようと思ったことかしれないあの念願のラインの追加がまさか向こうから来たのですから。

※その瞬間の私のツイート。

その日から、Sの方から頻繁に私にラインで話しかけてくるようになりました。以前までも何度か話してはいましたが、ぐんと話す機会が増えたのです。

向こうから「ひまーーー」とか送られてきたのは本当に嬉しかった。

音楽の趣味の話、部活の話、今日あった出来事の話、家庭の話。

ある日、部活内恋愛についての話になりました。そこから発展して、二人の関係の話に。

Sは「このまま男女の友情で終わると思う?」
と聞いて来たので、私は思わず、「どういうこと?」と問い返しました。するとSは、
「恋愛に発展する可能性があるってこと。」
と答えたので、私はもうここぞとばかりに「もしかして、俺の好きな子とか、知ってる?」と聞いてみました。すると案の定。最初はしらを切ったものの、だんだん問いただすうちに、私がSに恋心を抱いていることを暗示させるような内容で答えを返して来ます。

Sは、私を追加する前から、私の想いに気づいていたのです。

それで、色々あり、現在に至ります。

本来なら色々を説明するべきなのですが、この色々というのが文字通り色々すぎて、正直僕が話していいのかわからないほどの問題なのです。

差し障りない程度で話しますね。

どうやらSは過去に不安定というか、大変なことがあったようで、(それを理解するのには少し勇気が要りました。)普通の人から見ると、「重い」とか言われると思いますが、そんなの私だってまぁ過去というものがありますし、自分のと比べるとまだまだのような気もします。そうやって自分以外に打ち明けれるだけ、まだいい。

中学の頃、Sには付き合っていた人がいました。その人が最近また戻ってきて、「助けてほしい」と寄ってきたようです。彼は中学時代にSを支えてくれていた先輩で、Sからすると「好きでもなんでもないが、自身を支えてくれた、過去の大切な人」のようです。
好きでもないのに付き合うというのも、私からしたら違和感がありますが、当時はあくまでも支え合うために付き合っていたようで、お互いに好きというわけでもなかったようです。

んで、その「助けてほしい」というのは、今その先輩が精神的に苦しい状態にあって、消えて無くなりたいとか、いわゆる病み期というかそういうような感じで。今Sはその先輩を助けるために、僕と付き合わないのです。

ていうか、その先輩も別に彼女が今いるらしいんですけど、多分その人に話したら重いとか言われるから都合が良かったのがSだったんでしょうね。

「先輩を助けて、問題が解決したらその先輩とはもう二度と連絡を取り合わないつもり。あの時助けてくれてた先輩を失いたくないし、失ったら自分のせいと思ってしまうから、今度は私が助けになりたい。だからそれまで我慢してほしい。いやになったらいつでも無視していいんだからね?」

って電話で言ってました。

ていうか最後の無視はもう無理ですよ笑。だって自分の弱いところや暗いところも見せましたし、思いも伝えてしまったのですから。

ただ、だからといって今、そういう関係ではないということもないです。嬉しいことにSもSで私の事が気になっていたようで、相思相愛とまでは言いませんが、お互い想いも伝え合った仲ですし、ラインの会話の内容も以前と比べて彼氏彼女の会話らしいというかね。

実際はまだ付き合ってはいないけど、事実上は付き合っているようなものですね。




これが、最初に私が「付き合っているも同然」とお話しした理由です。

まあ、いずれS側の先輩の問題が解決すれば付き合うことにもなります。

もう、一年生から目を引こうと必死に頑張ってもいつまでたっても近づけなかった憧れのあの子は、大切な愛おしい人です。

あ、そういえばどうやら、今度クッキーを作ったので私にくれるそうですよ。

ツイッターでSについて随時呟いてるので、見てみてください笑

さて、今日の話は以上です。
最近夏目漱石の「こころ」を読んだので、どことなく文章が丁寧になった気がします。

次回へ続く。多分。

決めた…俺告るよ…。

こんにちは。今日は割と真剣な話です。

他の記事にも書いているんですが、僕には一年くらい前から好きな子がいるんですよ。名前の頭文字がSなので、ここではSさんと呼びます。

Sさんは同じ部活で、一年生の時はクラスも同じでした。
まあとにかくいい子。少しゲームとかアニメとか好きなオタクっぽい子だけど、逆にそれもちょっとタイプなんだよね。

さて、ということで今回はSさんについてです。

こちらに僕の個人的なSさんの好きな点を記しました。

・顔が綺麗で清潔感がある。
・そしてかわいい。
・程よく常識人。
・誰にでも優しい
・こんな僕にさえ優しい
・色白
・物静かでうるさくない
・よく笑う
・声が可愛い
・リュックのセンスが可愛い
・ちょっとオタク
・髪が綺麗
・どこか守ってあげたくなる雰囲気
・「眠い」が口癖

ていうか、さっきからオタクオタク言ってるけど、そんなに激しいオタクでもないんだよね。ある程度普通な面もあるんです。

顔が綺麗で清潔感がある

これはいわば第一印象ですよね。この子の本当に一番最初にあった時、俗に言う「一目惚れ」をしたんですけど、まあとても可愛いですね。
廊下で見かけた時、「ん?今通った人めっちゃ可愛くなかった?」と思ったら、だいたいはSさんなんですよ。
正直オタクでもこんなに可愛いんだって思ってしまったわけですよ。今までの僕の中の女のオタクという概念がひっくり返りました。顔中ニキビだらけとか。なんか不潔というか、あまり良くない印象でした。でもSさんは眉毛を整えるとか、ニキビ予防してるなど、オタクらしからぬ自らのケアを行なっているんです。だからいつ見ても綺麗な顔なんですね。

程よく常識人

オタクあるあるなんですけど、アニメのセリフを現実で乱用したり、人の名前に「氏」をつけて呼んだり、「ファッ⁉︎」とか急に言ったり、「ww」を本当に「わらわら」って口にして言ったりしてなんか常識がないというか普通じゃないじゃないですか?でもSさんはそんなんじゃないんですよ。そういうことを言うと浮くっていうのを知ってるんですかね。実際に聞き出して始めてオタクと判明するような人です。

色白

色白に関しては完全に僕の趣味なんですけどね。まあ色白が個人的に好きなんすよ。というのもね。こちらの他の記事のユーフォのやつ。

↑こいつねこいつ。こいつは結構な色黒の人だったんすよ。こいつのせいで俺の中で色黒は微妙ってなったんです。

誰にでも優しい

これは言動ですね。例えばなんかがぶつかった時とか普通の人は「あ、ごめん」とか「ごめん」ぐらいで済ませるでしょ?でもSさんは「大丈夫?ごめんね?」みたいな。大丈夫?の方が先に来るんです。
それと、みなさん部活終わって異性の子が帰る時ってなんて言います?普通「バイバイ」とか「じゃあね」だけど、その子は「気をつけてね」なんすよ。このおかげで「気をつけてね」が本当に好きな言葉になったね。今でもSさんから言われた気をつけてねが本当に忘れられない。本当に気をつけて帰りましたもん。

物静かでうるさくない

これはほぼ私の兄の彼女の反動ですね。あの人は本当にめっちゃ喋るし、2回ぐらいしか会ったことない俺ですら呼び捨てで名前呼んで来るぐらいの馴れ馴れしさ。文字も訳の分からんいわゆるjk用語ですか?「〜み」「それな」とか使って正直あまり得意じゃないんですよそういうのは。対するSさんはそもそもツイッターもインスタもやってないんですよね。まあ僕もインスタはやってないですけど。

ちょっとオタク

これは皆さんも「ん?」となったことでしょう。散々今までオタクとかを批判してきた身ですからね。というのも、実は僕は昔、幼稚園から小学1〜4年はガンプラオタク、小学5,6年〜中3の前半まで、エアガンオタクだったんですよ。小学生の頃は深夜にわざわざ起きて深夜アニメを見てました。具体的には「神のみぞ知るセカイ」とかですね。今となっては内容も何も覚えてないですけど。中学の頃はエアガンとかがとても好きでした。意味もないのに正しい銃の構え方とか身につけて、サバゲ装備で友達とタクトレもしてましたね。だから批判ばっかしてるオタクの気持ちも、実はわからんでもないんです。昔そういう時期が本当にありましたからね。
聴いてた音楽も、ボカロとか「柿チョコ」っていう歌い手の千本桜とか、沢山の歌い手の合唱の千本桜とか、あとは西川さんのガンダムの歌とか。

今散々批判して、嫌いな音楽が、昔は大好物だったんですよ。
というのもあり、昔の俺がまだ死なずに俺の中にいるんです。そいつのせいでちょっとオタクっていうのが好きなんですね。

髪が綺麗

これはまあ髪が綺麗だから好きっていうか、オプションみたいな感じにはなるんですけどね。
僕のクラスにまあまあ可愛い子がいるんですけど、なにせその子は髪がチリチリでしたね。もう下の毛みたいな。頭を見た時結構びっくりして。だから女の子って髪は大事だなって思うようになったんですけど、この子は周りの人とも比べても髪が艶やかというか、綺麗ですね。しっかりケアをしているのがよくわかります。

声が可愛い

そうなんです。声がとても可愛いんです。その辺の女子ってだいたい同じような声じゃないですか。でもこの子はねぇ…。もう、なんというか癒し声ですね。とにかくトーンが違うというか、なかなか聞いたことない声の雰囲気です。

どこか守ってあげたくなる雰囲気

でました。男の本能ですね。守りたいんです。なんか。か弱いですね、うん。


以上、好きな点でした。

まあ現状向こうから嫌われてるのはないと思うし、むしろ向こうから寄ってきたこともあるからな。見込みはあるはずだ。もし結果が悪くても、俺はいいや。この子きっぱり諦めて他の子探すから。

頑張ります。